携帯と自宅通信費を見直し!毎月1万円の節約に成功。

格安SIM iPhone5S

以前から疑問をもっていた高額な通信費に「〜年縛り」の複雑な契約。引越しを契機に見直しをする事にしました。最近のテーマは「LIVE SIMPLY」通信費も含め極力シンプルに生きたいのです。
パタゴニア

見直し前の通信費

今回費用を見直ししたのは携帯電話と自宅の通信費です。
見直し前の費用はこんな感じ。

携帯 約9,000円
自宅通信費(回線、プロバイダー) 約6,000円
合計 15,000円

自宅用回線の解約は契約期間確認を

自宅で使用していたのはプロバイダーの「Yahoo!BB」と、回線の「フレッツ光」。契約は2年前でしたので、キャンペーン利用で導入したので解約にはベストなタイミングでした。解約時に費用が発生するか否かはそれぞれの契約内容に依存しますので、事前に確認し、解約金のかからない時期に解約した方が良いでしょう。
フレッツ光の解約
https://flets.com/first/kaiyaku/
YahooBBの解約
https://ybb.softbank.jp/member/hikari_flow/
解約はどちらも電話だけで完了しました。

自宅用回線には「NURO光」を選択

自宅の通信にNURO 光を選択。いくつか迷ったサービスはありますが、決め手は料金の安さとわかりやすさ。無線LANがセットで月額2,980円でした。気になる速度も悪くありません。(以前のフレッツ光は20Mbps程度でした)

中古のiPhone5Sと格安SIMで格安運用

今まではソフトバンクのiPhone5を使用。とっくにキャリアの割引適用期間を過ぎていましたので9000円近い料金を支払っていました。大手キャリアへの乗り換えも検討しましたが、思い切って格安SIM運用に踏み切りる事に。

iPhone5sをヤフオクで落札

本体はヤフオクでドコモの5sを落札。30,000円もしましたが、同時に、現在使用していたiPhone5をヤフオクで処分(15,000円)。実質15,000円で機種を手にする事ができました。中古の本体を使うにあたり、バッテリーのもちが気になっていましたが、新しいOSの省電力モードは本当に優秀、モバイルバッテリーすらいらないかもしれません。

格安SIMは「BIC SIM」

そして、格安SIMは「BIC SIM」に決定。現在は数多くの格安SIMが登場していますが、「BIC SIM」に決めたのは店舗でMNPが出来、タイムラグなしに使うことができるから。心配だった設定も問題ありませんでした。
契約したプランは音声通話付きでデータ通信5GBまでのプラン。ソフトバンクのときは大体3〜5GBだったので、こちらで大丈夫でしょう。

通話はFaceTime、LINE、楽天でんわで節約

通話に関して、今まではソフトバンク同士が0円、その他は半額になるプラン。iPhoneのFaceTimeや、LINE、Facebookの音声通話を活用し、多い月で大体2,000/月くらいでした。

もちろん、BIC SIMでもFaceTimeやLINEを活用できますが、ネックは今まで半額になっていた一般への通話。これは「楽天でんわ」というアプリを使い、通話料を楽天払いにすることにしています。(使い方がややめんどい)

トータル削減額

見直しをする事で削減できたのは額はこんな感じ。年間で12万円近い節約になりそうです。やはり格安SIMの導入が大きく貢献していますね。

見直し前 見直し後
自宅通信費 約6,000円 2,980円
携帯 約9,000円 2,220円
合計 約15,000円 5,200円

 まとめ

毎月の通信費、私は引っ越しという機会で見直しを行いましたが、普段は何の疑いもなく支払っているものです。年間約12万円の節約に成功しましたが、不便になることもなく今まで通り使うことができています。むしろ形の無い通信費で節約した分を、レジャーや家族での食事にまわすことで、豊かな時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか。

格安SIMの設定など、難しそうなイメージがありますが(私はそうでした)WEBマニュアルなどを熟知して臨めば大したことはありません。気になっている方は、調べてみてください。

格安SIM iPhone5S