2019ニューカラー登場!パタゴニア・バギーズショーツの選びかた・サイズ感など

パタゴニア・バギーズ

春から秋まで、3シーズンどこでも活躍するバギーズショーツ

お気に入りの多いパタゴニア製品の中でも、春から秋まで最もヘビロテしているのが、バギーズショーツです。自宅で仕事しているときから、出かけるときも、トレイルランニングするときも寝てるときも、特に夏はずっとバギーズショーツを履いて過ごしています。ちなみに何枚か持っていますので、履きっぱなしという訳ではないですよ!

バギーズショーツの人気は、特に2018年シーズンから加熱している気がします。バギーズショーツの36周年を祝ったインスタのハッシュタグ、メルカリでは36周年カラーが異常な高値で売買され、何故か普通に買えるカラーまでもが定価以上の値段で売られている有様。

こういう加熱っぷりは、パタゴニアが好むものとは思えませんが、人気は今シーズンも続きそうですので、気になるカラーは早目に入手されることをおすすめます。

パタゴニア

全くまとわりつかない軽さと、丈夫さの絶妙なバランス

バギーズショーツの良さは、履き心地の軽さ、気持ちよさ。この2つに尽きます。素材にはリサイクル素材を使用し、工場の従業員にプレミアム賃金が支払われるフェアトレード・サーティファイドの縫製を採用しています。リサイクルやフェアトレードに関しては興味のない方も多いかもしれませんが、せっかくパタゴニア製品を身につけるんだから興味を持って欲しいし、それを誇りに思ってほしいですね。

バギーズショーツの素材はポリエステルにDWR(撥水)加工を施したもので、とりたてて特筆するようなものではありませんが、軽くて軟らかいという快適さはキープしつつ、岩の上に座ったり、マウンテンバイクで木の枝に引っかけても破れそうにない丈夫さをキープしています。ストレッチ性はそれほど感じませんが、マウンテンバイクやトレイルランニングで突っ張る感じはありません。

私感ですが、飛び抜けて軽い訳でもなく、特に凄い機構を備えている訳でもない、でも着心地や使い勝手が最高に良い。このパッケージングの絶妙さが、他のパタゴニア製品に関しても言えることかもしれません。それがベストセラーモデルというものなんでしょうね。

豊富なバリエーションとカラー

PatagoniaのWEBサイトでバギーズショーツを検索すると、バリエーションが多いことに驚きます。

バギーズショーツ(股下5インチ/13センチ)

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ショーツ ハイキング Parrots: Stone Blue

私が主に愛用するのはこの5インチモデルです。公式WEBサイトでは何と18色のカラーバリエーションが展開されています。

メンズ(ユニセックス)のバギースショーツの中では最も丈が短いモデルで、ランニングなどのアクティビティには動きやすさも形も最も合っているのではないでしょうか。

バギーズロング(股下7インチ/18センチ)

前述のレギュラーモデルを5センチほど伸ばしたのが、バギーズロングです。普段履きや、いわゆる短パン慣れしていない方は、こちらのほうが良いかもしれません。仲の良いパタゴニアスタッフさんによると、電車に座ったときに5インチは短く感じる人もいるとのことで、気になる方は実際にフィッティングして、長さをチェックするのをおすすめします。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ロング ハイキング Fun Hogs: Stone Blue

バギーズライト(股下6.5インチ/17センチ)

薄手の3.5オンスナイロンを使ったモデルです。シルエットは前述のものより若干細身です。股下はバギーズロングより1センチ短い17センチです。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ライト ヨガ Stone Blue

バギーズライト パッカブル

薄手の素材を使うことで、丸めるとコンパクトになります。薄いので洗って乾かすのも速そうですね。荷物を減らしたい旅用にも良さそう。

バギーズナチュラル(股下7インチ/18センチ)

ヘンプ55%/オーガニックコットン45%混紡の天然素材を使用したバギーズショーツです。さらっとした履き心地でアウトドアのアクティビティで使うより、キャンプや旅、日常的に使うのにおすすめです。今年のカラーは飽きずに長く使えそうなのが揃っていますね。股下はロングと一緒ですが、サイズ感は若干小さく感じ、1サイズアップで履いています。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ナチュラル 6 1/2インチ Chambray: Feather Grey

バギーズパンツ

ショーツ(短パン)ではなく、パンツ(長ズボン)です。2年ほど前から登場しましたが、秋〜冬でも履けるバギーズといった感じ(そのまんまですね)で、半ズボンじゃ寒い&世間の目が若干気になるという場合に着用しています。パタゴニアサイトのレビューにもありますが、前ポケットが浅いのか中身が飛び出しちゃう場合がありますが、最近のモデルには片側のポケットにドローコードが付いています。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・パンツ ハイキング Purple

各モデル(メンズ)の特徴を表にしてみました

バギーズ ショーツバギーズ ロングバギーズ ライトバギーズ ナチュラルバギーズ パンツ
股下 5インチ (13cm)7インチ (18cm)6.5インチ (17cm)7インチ (18cm)パンツ
4.3oz ナイロン4.3oz ナイロン3.5oz ナイロン4oz ヘンプ 55% / オーガニックコットン 45%4.3oz ナイロン
前ポケット2つ + バック1つ前ポケット2つ + バック1つ前ポケット2つのみ前ポケット2つ + バック2つ前ポケット2つ + バック1つ
ライナー つきライナー つきライナー つきライナー なしライナー なし

 

ちなみに、女性専用としてウィメンズバギーズショーツ(股下5インチ 13センチ)いうモデルもあり、こちらはライナーなしのモデルです。

パタゴニア公式サイト レディース・バギーズ・ショーツ Parrots: New Navy

こちらは、股下2.5インチ(6センチ)のウィメンズベアリーバギーズショーツというモデル。ホントにバリエーション豊富です。

パタゴニア公式サイト レディース・ベアリー・バギーズ・ショーツ Wild Waratah: Reef Pink

女性の方は、ボーイズのXLなどもアリですね。大人用にないカラーリングもあったりします。

パタゴニア公式サイト キッズ ボーイズ・バギーズ・ショーツ 5インチ Bushwhack Batik: New Navy

最近のモデルは右ポケットにキーループ付き

パタゴニア・バギーズショーツ・キーループ

昨年モデルから、右前のポケット奥にキーループが付いていました。ウォータースポーツ(というか水遊び)などには有り難い装備ですね。(5インチ・7インチ・パンツ)

サイズ感について

サイズの目安ですが、一般的な国産ブランドより1サイズ落とせばOKです。

私は175センチ72キロでSサイズ(5インチ)です。ちなみにMサイズも履けますが、好みの問題ですね。シルエットとしては、ナチュラルとライトは若干細目で、ナチュラルの場合はMサイズを選びます。5インチと7インチはアウトドア用ということもあり、太ももまわりには余裕があります。

他にパタゴニアのWEBサイトから抜粋すると、167センチ/52キロでXS(5インチ)、182センチ75キロでMサイズ(ストレッチ)、172センチ70キロでMサイズ(ストレッチ)というレビュー、Amazonには、165センチ/60キロでSサイズ(7インチ)、168センチ/60でSサイズ(5インチ)と投稿されています。

ちなみに、パタゴニアのWEBサイトで購入した商品に関しては、送料無料でサイズ交換の相談に応じてくれますので安心ですよ。(下のバナーからリンクしてます)

昨シーズンくらいから、妙に人気が高まって売り切れが目立つバギーズショーツ、気になるカラーがあれば寒いうちに購入しておいたほうが良さそうです。

▼▽▼パタゴニア商品の購入は公式サイトがおすすめ▼▽▼

パタゴニア

アイテム
スポンサーリンク
Communitypark.jpをフォローする
CP|By CommunityPark