ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク、種類別スポーツ自転車の選び方

スポーツバイクガイド

フィットネスやダイエットのためにスポーツ自転車に興味を持たれる方が増えています。このページではこれから始められる方に向けてスポーツ自転車の代表的なカテゴリーを簡単に紹介してみようと思います。

パタゴニア

 

ロードバイク

ロードバイク

舗装路を速く長く走るのに適した自転車がロードバイクです。軽い車体、細いタイヤ、独特の形状をしたドロップハンドルを装備しています。色んなモデルがありますが価格的には10万円くらいから50万円くらい。フレーム素材はアルミ製のものが多く、高いものになってくるとフレームに軽量なカーボンファイバーを用いたモデルで車体の重量が7キロ前後のものもある。50キロ〜100キロくらいのツーリングを楽しむ方が多い。巡航速度は20〜30キロ、最高速は平地で60キロくらい。当然ヘルメットの着用が望ましい。体格(身長など)に合わせてフレームサイズを3〜5サイズくらいの中から選ぶ必要があり、メンテナンスの頻度も比較的高いので専門店での購入がベター。

クロスバイク

クロスバイク

毎日の通勤や中距離のツーリングなど、様々な用途に使いやすい自転車です。マウンテンバイクの乗りやすさ(フレームへの跨ぎやすさや、操作しやすいハンドル)と、ロードバイクの軽快さ(転がりの良いタイヤ、無駄のない軽量な車体)を併せ持った自転車で、スポーツ自転車が初めての方でも乗りこなしやすく人気があります。通勤に使いやすいようにスタンドやフェンダー(泥よけ)を装着したり、ツーリング用にボトル・ケージ(ドリンクホルダー)を装着したり、用途に合わせてカスタマイズするのも楽しい。5万円台〜10万円くらいの価格帯が多い。

マウンテンバイク

マウンテンバイク

悪路を走るための太めのタイヤ、路面の凹凸を吸収するサスペンションなどが特徴の自転車です。誕生から長い間、26インチのホイールサイズが主流だったが、ここ数年で大径ホイール(29インチ27.5インチ)が主流になってきており高速化が進んでいる。幅の広いハンドルと太いタイヤの安定性を活かして、街中のちょっとした段差でも安心して走ることができます。

ミニベロ

ミニベロ

小さなタイヤ(20インチ前後が多い)の大人用自転車をミニベロと呼びます。コンパクトな車体は取り回しが良く、保管場所も小さくできるメリットがあります。反面、車輪も車体も小さな分、高速走行や長距離走行には不向きです。比較的近距離のサイクリングや、日常使いに向いているスポーツ自転車です。

まとめ

このページでは、4つの代表的なカテゴリーを紹介しましたが、ミニベロの中にはフォールディング(折りたたみ)バイクというカテゴリーがありますし、最近のロードバイクの中にはアドベンチャーロードと呼ばれる未舗装路に対応した新しいジャンルのロードバイクが存在します。またロードバイクとマウンテンバイクの中間という位置づけであるクロスバイクの場合、ロードバイクのように軽快を重視したクロスバイクや、サスペンションと太めのタイヤを装備したマウンテンバイクのようなクロスバイクなど、カテゴリー分けしにくいモデルも存在します。自分の目的にあったスポーツ自転車を手に入れるために、専門店のスタッフに相談してみることをおすすめします。