トレックのコミューターバイク「クロスリップ」を徹底解説。

トレック クロスリップ
トレック クロスリップ

2014年モデルからラインナップに登場したCROSSRIP(クロスリップ)、流行のグラベルロードシクロクロスのような本格的なルックスながら、実は日常的に使えるコミューターバイクでもあります。

パタゴニア

洗練されたデザインとシンプルなカラーリング

フレームワークは、同社のシクロクロスバイク「クロケット」やディスクロード「ドマーネディスク」と比べると直線的。内蔵ケーブルとシンプルなカラーリングのせいもあってとても洗練された印象です。10万円台で買える量産車ですがハンドメイドバイクのような雰囲気さえ感じさせてくれます。(写真は、クロスリップエリート¥140,000)

TREK クロスリップ

クロスリップ専用に作られたフレームは、素材にトレックがアルファアルミニウムと呼んでいるアルミ合金を使用。アルファアルミニウムの中でも軟らかめの100シリーズで構成され、同社のロードバイクに比べると若干ホイールベース(前後の軸間の距離)は長め。リアフェンダーやキャリア、サイドスタンドを取り付けることが出来るダボ(ネジ穴)付きです。このフレームにボントレガー製のカーボンフォークの組み合せで、前後ブレーキはディスクブレーキで、ハンドル部分にはテクトロ製の補助レバーが装備されます。

組み合わせられるタイヤは対パンク製と雨天時のグリップに定評のあるボントレガーオールウェザーAW1、サイズは700×32cです。一般的なロードが700×23c〜25cですから、10mmほど太いタイヤということになります。32cというのは、同社のクロスバイク7.4FXと同様のスペックです。

細かい部分では、アルミ製のハンドルバーに採用されているIsoZone(アイソゾーン)パッド。エンデュランスロード「ドマーネ」のテクノロジーで、ハンドルの断面形状を見直し、バーテープとハンドルバーの間に振動吸収性のあるパッドを内蔵することで快適性をアップさせています。

どんな使い方が向いている?

クロスリップは、クロスバイクとしてもロードバイクとしても使えるバイクですが、ロードバイク仲間と集団でツーリングしたい方には普通のロードバイクのほうが間違いがないでしょう。

前述の通り、一般的なロードバイクより10ミリほど太いタイヤは、安心感や乗り心地の優しさを与えてくれる反面、そのペースは一般的なロードバイクより少しゆっくりです。フレーム自体も一般的なロードバイクと比べてマイルドな乗り味に仕上げてあり、同価格帯のロードバイクに比べて重量もあります。もちろんその気になれば、ロードバイクとのツーリングも、それなりにこなすことはできるでしょうが、クロスリップでは、もっとのんびりと走りを楽しむべきでしょう。

平日はクロスバイク的に街を走り、週末はのんびりとしたサイクリングを楽しむ。例えばそういう使い方がクロスリップには合っているのではないでしょうか。硬すぎないフレームにラクな乗車姿勢、そして700×32cのタイヤで、道中に突然現れたグラベル(林道や農道)にも慌てることはありません。

2016モデルラインナップは、エリートとリミテッドの2種類

日本国内はクロスリップエリートクロスリップリミテッドの2グレード展開で、フレームとフォークは共通(カラーは異なる)。クロスリップエリート(¥140,000)は、シマノ・ソラがメインの18speedで、メカニカル(ワイヤー式)のディスクブレーキを組み合わせる。クロスリップリミテッド(¥190,000)は、105/ティアグラをミックスした20speed仕様で、ディスクブレーキはメカニカルながら、キャリパー部分にハイドリック(油圧式)を採用したTRP製が装備されています。

クロスリップは速さやスペックを競うバイクではありませんので、カラーリングの好みで選ぶのも大いにアリだと思います。個人的には黒いクランクが付いているほうのクロスリップエリート(¥140,000)を選ぶと思います。

 

Amazon.co.jp