敏感肌のあなたに・タグのきれいな取り外し方

乾燥肌?タグの肌当たりが気になって仕方ない

僕は敏感肌なんでしょうか、洋服の内側に付いているタグが苦手です。素材の詳細や洗濯に関する詳細が記載されているものですが、肌に密着するベースレイヤーやデザイン的に外から見えてしまうものは切り取ってしまいます。

<今回は新製品のキャプリーン・クール・トレイルです>

角を丸くしたり、短くカットする方法もありますが、余計に肌触りが気になる場合もありますので、僕は迷わず取り去ってしまいます。

用意するもの:ハサミ・毛抜き

用意するのは、ハサミと毛抜き。ハサミは良く切れるものがマスト。出来れば小さいものがベターです。

作業スタート

間違ってウエア本体の生地を切らないように注意しながら、タグの上側を切り落としていきます。写真のグレーの糸を切らないように注意してください。

カットするのはこの部分です。出来るだけ糸に近いラインでカットするのがベターですが、慣れない場合は充分なマージンを残しましょう。(このまま切り落としてOKです)

次に毛抜きが登場します。白いタグを解いていく感じです。グレーの糸と平行している糸を写真右方向に引っ張って分解していきます。

毛抜き作業が進んでいくにつれ、タグを写真左方向に引き抜けるようになってきます。ただし強く引っ張ってはいけません。グレーの糸が切れてしまったら、ウエア自体が解けてしまいます。抜けないということは毛抜き作業が足りないということなので、ひたすら毛抜きを続けます。

今回は最後の1枚のみ素材が硬くて苦戦しました。大事なウエアをダメにしないように、焦らず丁寧に進めます。

3枚目の硬いタグも無事に取れました。あとは糸くずをキレイにすれば完成です。

今回のウエアで作業時間は5分くらいです。タグには洗濯表示のほかに、モデル番号なども記載されています。必要に応じて保管しておくのも良いかもしれません。(私は捨てますが)

パタゴニア