フーディニとエアシェッドが合体したフーディニ・エア・ジャケット・パタゴニア

フーディニエアジャケット

パタゴニアのフーディニジャケットの使い勝手の良さについては、ご存知の方も多いと思います。フーディニ・エア・ジャケットは、発汗量の多いスポーツ向けに通気性を向上させたウインドシェルです。

フーディニ・エア・ジャケットとは?
フーディニとエアシェッドの中間に位置するジャケット。悪天候に対する適度なプロテクションと通気性が不可欠な長時間のアクティビティに最適。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用(パタゴニア公式サイトより)

公式サイトの紹介文に出てくるエアシェッドとは、ナノエアの生地を用いて作られた非常に抜け(通気性)の良いプルオーバージャケットのこと。フーディニジャケットと用途というか守備範囲が被る部分がありますが、個人的には、最後まで脱がない可能性が高い場合は、抜けが良いエアシェッド、途中で(暑くなって)脱ぐことが予想される場合は、フルジッパーで脱ぎやすいフーディニを選びます。初めから着ずに、持って行く場合もフーディニですね。

そう、エアシェッドは、凄く良いんですが、脱ぎ難いプルオーバーというのが難点なんです。以前から、フルジッパーのエアシェッドがあったら良いのに。と思っていたところに登場したのが、フーディニ・エア・ジャケットでした。

とはいえ、当初は購入を見送っていました。既にフーディニ・ジャケットとエア・シェッドの2種類を使い分けている自分にとって、フーディニ・エア・ジャケットを購入して、選択肢を3つにする必要はないかなと。

パタゴニア公式サイト メンズ・フーディニ・エア・ジャケット

悩んだ結果、購入しました

発売後、数ヶ月は購入を見送っていましたが、2019-2020は暖冬気味だったこともあり、例年とは少し違うウエアリングとなりました。具体的にはキャプリーンサーマルウエイトを使うことがなく、半袖or長袖のベースレイヤーとウインドシェルという組み合せで走ることがほとんどでした。

こうなってくると、忘れかけていたフーディニ・エア・ジャケットが気になり始め、ついに購入となった訳です。素人のインプレとしては、思ってたより普通のフーディニと変わらないかな?というのが正直なところ。

ちなみに、フーディニ・エアの購入を考えているときに知ったのですが、現行のフーディニ・ジャケットは、私の持っている2012頃の古いフーディニ・ジャケットとシェルの素材が異なるとのことで、現行のタイプは、より風を通しにくくなっているということです。

見分け方は、胸のジッパーが横方向か縦方向かということです。使ったことがないので何とも言えませんが、現行のフーディニ・ジャケットと比較すると、フーディニ・エア・ジャケットの通気性の良さというのは、際立つのでしょう。

フーディニ・エア・ジャケットのサイズ感

ついでに、サイズ感はフーディニ・ジャケットとほぼ変わらず。同じサイズを選べばOKです。ちなみに蒸れにくさという点では、小さめより大きめのほうが、効果があるそうですよ。

いつものことですが、パタゴニアの購入は絶対に公式オンラインが良いです。理由としては、トレイルランニングのギアは直営店によっては置いてないことがあること。フーディニはあってもフーディニエアやエアシェッドといったニッチなアイテムは置いてない場合もあります。2つ目の理由はオンラインなのにサイズ選びのアドバイスがチャットやAIで受けれること、万一サイズが合わなかった場合でも交換に必要な送料をパタゴニアが負担してくれます。

パタゴニア公式サイト メンズ・フーディニ・エア・ジャケット

▽▼▽パタゴニア公式サイト▽▼▽

パタゴニア