パタゴニア・メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ|真冬のトレイルランニングに

パタゴニア・メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ

防風性・通気性のバランスが良い、テルボンヌ・ジョガーズ

パタゴニア・メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ

冬のランニングパンツ選びは非常に難しいものです。
気温だけでなく、コースによって風が強かったり、ペースによって発汗量(体温)が変わってしまうために、一概に「コレ!」というものが選びにくいからです。

その中でも、パタゴニアの2018SS(春夏)の新作「メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ」は防風性と通気性のバランスが良く気に入ってます。

「メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ」は、比較的薄手のランニングパンツで、ジョギングやヨガなどのアクティビティはもちろん、丸めてしまえば非常にコンパクト&わずか170グラムという携帯性の良さで、ザックに入れておけばアフターランの電車移動などもスマートにこなせるカッコ良さを備えています。

パタゴニア・メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ

軽く通気性がよいのでベタつかない&使いやすい3ポケット

生地のストレッチ性はそれほど感じませんが、カッティングが絶妙なのでしょう、ペースを上げて大きく脚を動かしてもストレスを感じることは全くありません。汗でベタつかないのもおすすめポイントですね。

前側の左右にポケット、右後ろにジッパー付きのポケットを備えています。左右ポケットは充分な深さがあり、スマートフォンを入れてジョギングしても今のところ落ちそうな感じはありません。またポケットの内側は全てメッシュ状になっており、ポケットが付いているからといって通気性が大きくスポイルされることもありません。

ウインドシールド系パンツだと熱い、ショーツだと寒い、そんな日に使いやすいパンツです。オンもオフも使いやすいので、買っておいて損はないパンツだと思いますよ。強いて言えば、この覚え難い名前のせいでクチコミが伝わり難い気がします。

※テルボンヌとはアメリカ・オレゴンン州の地名です。

パタゴニアのランニングパンツシリーズの使い分け

パタゴニアのランニングパンツだと、ストライダープロショーツ(短パン)→テルボンヌ・ジョガーズメンズ・ウインド・シールド・パンツの順で寒い日に対応出来ます。

ピークミッションタイツはタイツ(ぴったりフィット)なので今回は除外しましたが、暖かさイメージとしては、テルボンヌ・ジョガーズメンズ・ウインド・シールド・パンツの中間です。

ストライダープロショーツなどには、フーディニパンツを組み合わせることもありますが、フーディニパンツは休憩時や予定よりペースが落ちて肌寒くなってきた時のオプションという感じで、履き心地(フィット感)や通気性を考えると、専用パンツのほうが格段に上です。

パタゴニア公式サイト フーディニ・パンツ クライミング Black

パタゴニア公式サイト メンズ・ウインド・シールド・パンツ スキー/スノーボード Black

パタゴニア・メンズ・テルボンヌ・ジョガーズのサイズ感

176センチ70キロの筆者の場合、SサイズとMサイズを迷った挙げ句に初めMを選んだのですが、結局サイズ交換してもらいSサイズを選びました。私は体型のワリにお尻や足回りが貧弱なので、ももまわりの余裕が嫌でSを選びました。

パタゴニアの他のパンツはバギーズ・パンツだとSサイズ、トリビューン・パンツは32インチを履いています。ショーツ系は、ストライダー・プロ・ショーツはMサイズ、バギーズ・ショーツはSサイズです。(参考になればいいのですが)

パタゴニア公式サイト メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ トレイルランニング Forge Grey

「メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ」のサイズ選びに不安な方は、直営店での購入か公式サイトのチャットを使って相談するのが良いと思います。公式サイトの場合、万一サイズが合わなかった場合でも送料無料で交換対応してくれます。

▼▽▼パタゴニア商品の購入は公式サイトがおすすめ▼▽▼

パタゴニア

紹介アイテム

パタゴニア公式サイト メンズ・テルボンヌ・ジョガーズ トレイルランニング Forge Grey

パタゴニア公式サイト フーディニ・パンツ クライミング Black パタゴニア公式サイト メンズ・ウインド・シールド・パンツ スキー/スノーボード Black