アマゾンで選ぶアルティメイトディレクション

アルティメイトディレクション マウンテンベスト

アルティメイトディレクションは1985年から30年以上ハイドレーションパックを作り続けている、ハイドレーションパックのマーケットリーダー的存在です。トレイルランナーやウルトラランナーに高い支持を得ているアルティメイトディレクションの製品は、ランニング専門店やAmazonなどの通信販売で入手することができます。

パタゴニア

2017 ハードロックベスト HARD ROCK VEST

コロラドで開催されるハードロック100を記念してつくられたモデルです。昨年モデルと比較してボトル部分が上部に変更され、より使いやすくなっている印象です。ソフトフラスクx2本(付属)に、補給食の携帯、スマートフォンなどを悩まずに収納できるポケットも充分にあります。グリーンのカラーリングは好みが別れそうな部分ですが、機能的な部分も含めて個人的に「欲しい!」と思っているモデルです。サイズに関しては、殆どの日本人男性はMサイズ、女性はSサイズを選べば良いのではないでしょうか。

ウエスト部には「WILD&TOUGH」のプリント

こんな人におすすめ:100キロを超えるロングトレイル、日帰りのトレイルラン(荷物多め)

仕様
容量容量: 13.1L
重量: 13.4オンス。 / 380g
500mlのソフトフラスク 2個付属

胸でのサイジング(男女兼用)
SM: 23〜32インチ/ 58〜81 cm
MD: 30〜39インチ/ 76〜99cm
LG: 37〜46インチ/ 94〜117 cm

AK マウンテンベスト AK MOUNTAIN VEST

髭と長髪が印象的なコロラドのランナー、Anton Krupicka(アントン・クルピチカ)シグネチャーモデル。アントン・クルピチカは外観だけでなく、そのスタイルが世界中のトレイルランナーを惹き付ける存在です。

機能としては、付属500mlのソフトフラスクx2、補給食などを出し入れしやすいポケット、iPhone7に対応したポケット、使いやすいウエスト部のジッパー付きポケット、レインウエアを収納するにも充分な容量を持つメイン部分など、迷ったらコレ的なスタンダードな内容で、日帰りトレイルランから100キロ以上のロングトレイルまでカバーできます。

カラーはアルティメイトディレクションらしい定番のブルーと

今シーズンから、キャニオンと呼ばれるカラーが追加されました。

 

こんな人におすすめ:100キロを超えるロングトレイル、日帰りのトレイルラン(荷物多め)

仕様
容量容量:11.5L
重量:330g(ボトル入り400g)

下肋骨のサイジング (男女兼用)
SM: 61〜84 cm
MD: 79〜102 cm
LG: 91〜117 cm

ランナーズベスト 3.0 RUNNERS VEST 3.0

アルティメイトディレクションの製品には珍しく、エントリー層に向けた製品がランナーズベスト3.0です。本国サイトに掲載されていないことや、色々な通販サイトに「日本人向けに〜」と書かれていることから、どうやら日本のマーケット向けに企画されたモデルのようです。

ランナーズベスト3.0の特徴としては何と言っても低価格!ということではないでしょうか。他のモデルと異なり1サイズのみの展開、ボトルやソフトフラスクは付属しておりません。ボトルに関しては、まずペットボトルからスタートするのも良いですし、好みのソフトフラスクを購入するのも良いかもしれません。サイズに関してですが、前側のストラップのつくりは上級モデルと同様で、よほどゴツくない限り、殆どの日本人男性にフィットするはずです。

仕様
容量容量:9L
重量:340g

 

もっと色々なモデルがあります

アルティメイトディレクションは、本当にたくさんのラインナップがあります。それでも一般的なトレイルランニング(50キロ前後のレースや日帰りのトレイル遊び)に使いやすいのは、今回紹介した3モデルくらいだと思います。

個人的にはランナーズベストとAKマウンテンベストで悩むなら「絶対にAKマウンテンベスト」です。距離を伸ばしていった場合、特に寒い季節で荷物が増える場合などに、ポケットまわりの使いやすさに差が出ると思います。

今回紹介したアイテム

[アルティメイトディレクション] トレイルランニングバッグ HARDROCKER VEST IVY 90458317_M – グレー_M

[アルティメイトディレクション] ハイドレーションバッグ AK MOUNTAIN VEST 3.0 80457416 – Canyon_M

[アルティメイトディレクション] ハイドレーションバッグ RUNNERS VEST 3.0 ARU955016 – Graphite