汗冷えを防ぐアンダーウエア|Millet(ミレー)ドライナミックメッシュ

ドライレイヤー

ファイントラック社製など、トレランや雪山では常識のドライレイヤー

冬のトレイルランニング・秋冬期のトレッキングで着用率が高いのが「ドライレイヤー」と呼ばれるアンダーウエアです。有名なところでは「ファイントラック」社の製品で、撥水性のある(吸水性のない)ウエアを肌に密着させることで汗(水分)を肌から遠ざけ汗冷えを感じなくするコンセプトです。

ドライレイヤーは特に寒い時期の山遊びに有効で、トレイルランニングや秋冬期のトレッキング、スノーボーダーなどに愛用されています。着用しているところは見えるものではありませんが、シビアなコンディションになるほど着用率はかなりのものだと予想します。

著名なアルピニストの活躍で人気に!

今回紹介するミレードライナミックメッシュは、以前から高い評価を得ていた商品で特に新しい製品という訳でも大々的にプロモーションされた訳でもないと思いますが、南谷真鈴さんによるエベレスト登頂のニュースで人気が高まっているようです。

ミレーのほかに、評価の高いドライレイヤーは「ファイントラック」「オンヨネ」「アウトウェット」あたりが有名です。

各ブランドの比較

Millet(ミレー)独特の網目状の外観。素材自体が撥水性を持ち、耐久性に優れる。Amazonで見る
FineTrack(ファイントラック)ドライレイヤーの有効性に古くから注目している国産メーカー。軽く柔らかい着心地。ミレーと異なり編目状ではない。素材的にベルクロなどでほつれやすい印象(経験上の私感です)

詳細記事を見る

Amazonで見る

ONYONE(オンヨネ)ミレーよりファイントラックに近い素材感。ファイントラックと比較して耐久性に優れた印象(経験上の私感です)

→ 詳細記事を見る

Amazonで見る

OUTWET(アウトウェット)編目の大きさはミレーと同等。収縮性が高くフリーサイズな点が他社と大きく異なる。 → Amazonで見る

サイズ選び・着用のポイント

ドライレイヤー着用のポイントとしては、肌に密着するくらいのジャストサイズを着用すること。サイズが大き過ぎると効果を充分に発揮することができません。もう1点は、ドライレイヤー単体で着用せず、必ず一般的なベースレイヤーと重ね着することです。ドライレイヤー自体は吸汗性がありませんので、汗を吸収し乾燥させるベースレイヤーと併用してください。