10万円で選ぶおすすめロードバイク。選び方のポイントは?

初めてのロードバイク選び

「10万円」というのは、ロードバイク(スポーツサイクル)が初めての方にとって恐ろしく高額だと思いますが、既にロードバイクを楽しんでいる方からすれば、「10万円じゃロードバイクは買えないんじゃないの?」と思えてしまう微妙な予算だと思います。実際に「10万円でロードバイクは買えないのか?」と問われると、そんなことはありません。

もちろん予算はあるに越したことはありませんが、ロードバイクの楽しみ、スポーツサイクル・自転車の楽しみは車体の価格でもフレームの素材でもコンポーネントのグレードでもないのです。「低価格の車体だと楽しめない」そんな訳がありません。

でも「何でも良い」ということもなく、自転車をロードバイクを好きになればなるほど後になって後悔するようなバイクを選ぶことは非常に残念なことだと思います。このページでは「10万円」という、何となくキリの良い価格で選ぶことの出来るおすすめのロードバイク4種類を紹介します。

パタゴニア

トレック1.1 ¥93,000(税込)

 

トレック1.1(2017M)

数々のレースでも活躍するアメリカンブランド「トレック」のラインナップ中、最もお手頃価格のロードバイクが「1.1」です。トレックがアルファアルミニウムと呼ぶアルミ合金製のフレームにカーボン製のフロントフォークを組み合わせ、メインコンポーネント(変速機)にシマノクラリスを搭載したオーソドックスな仕上がり。カラーは写真のシルバーのほかオレンジもあり。重量は56cm(XL程度)で9.96kg

ジャイアント コンテンド1 ¥95,000(税抜)

ジャイアント コンテンド1

コストパフォーマンスに定評のあるGIANTは、このクラス(10万円未満)のロードバイクに2種類を導入しています。コンテンド1はシマノ・ソラをメインコンポーネントに採用し1クラス上の存在感を身につけている。カラーは写真のブラックの他にマットレッドがあり。重量はSサイズ(465mm)で9.4kg

ジャイアント コンテンド2 ¥78,000(税抜)

ジャイアント コンテンド2

シマノ・ソラをメインコンポーネントとしたコンテンド1に対し、こちらはシマノ・クラリスを組み合わせてコストダウンを図ったのがコンテンド2である。フレーム・フォークは共通で、700×25Cのタイヤやヒルクライムでも活躍しそうな11-32Tのカセットスプロケットも共通(コンテンド2は8速)である。コンテンド2には標準でテクトロ製の補助(サブ)ブレーキレバーが装備される。カラーは写真のブルーの他に、ホワイト、ブラックの全3色。重量はSサイズ(465mm)で9.6kg

ジェイミス ベンチュラ スポーツ ¥85,000(税抜)

ジェイムスベンチュラスポーツ

日本国内では、まだまだマイナーブランドながら、アメリカ本国では品質の高さで高評価を得ているのがジェイミスです。ベンチュラスポーツはジェイミスの中で最も廉価版のロードバイクですが、上位グレードのベンチュラレースとフレームは共用、更にフレームサイズ毎にパイプの太さまでを替えることで剛性バランスを最適化するSSTテクノロジーを採用している。他の3機種と異なりフロントフォークはアルミ合金製。メインコンポーネントはシマノ・クラリスを採用。カラーは写真のブラックとブルーの2カラー展開。公表重量は23ポンド(10.4kg サイズ未公表)

ロードバイクを楽しむのなら、車体のほかにも予算が必要

ロードバイクを楽しむためには、最低限「フロアポンプ」「ヘルメット」「パンクなどのトラブルに対応できるセット」あたりは揃えましょう。タイヤの空気圧が高く、細いタイヤを装着するロードバイクは、週に1回程度フロアポンプで空気を補充する必要があります。空気圧を確認できるゲージ(目盛り)のついた高圧対応のフロアポンプが必要です。ヘルメットは原付バイク程度のスピードで車道を走るロードバイクでは身につけて欲しいアイテムです。最後に予備のチューブや交換のためのツール、携帯空気入れなどはロードバイクでツーリングするには必要不可欠なもの。ひとりでチューブ交換できるスキルも身につけておきたいものです。これらの予算はロードバイク本体の費用とは別に2万円ほどは必要です。

最後に大事なのは、信頼できる専門店で自転車を購入することです。ここ紹介した、トレックもジャイアントもジェイミスも、どれも良いロードバイクです。どれを選んでもパフォーマンス的に大差はありません。

それよりも大事なことは、ロードバイクを楽しむためには細かな調整や、色々な解らないことへの相談が必要です。知識が豊富で、何でも聞ける雰囲気の良い専門店を探して、そこで購入しましょう。特に初心者の方は自転車のブランドよりも、信頼出来るお店選びのほうが100倍大事です。信頼出来る良いお店に巡り会えば、仲間も増えてロードバイクを10,000倍楽しめるようになると思いますよ!