トレック・エモンダALR4(2019)|エントリーロードの決定版


2019 トレック・エモンダALR4

2代目エモンダALRシリーズ登場

エモンダALRの初期モデルが登場したのは2015年、この頃は既にパフォーマンスロードバイクの主流は確実にカーボン製であり、アルミフレームイコール入門用(低価格の)ロードバイクという雰囲気で各メーカー共に数年前のモデルを素材のグレードを落としてリリースしてみたり、それほど力を入れている感じではありませんでした。

その流れの中、トレックからリリースされたエモンダALRは何と言いますか「ちゃんと開発されたパフォーマンスアルミロードバイク」という印象で、フレーム形状からアルミ素材まで専用のものを用意する徹底ぶり。

コンポーネント(変速機やブレーキ・ホイールのことを指します)の違いで、エモンダALR6・ALR5・ALR4の3種類とフレームセットがリリースされ、そのパフォーマンスが評判となり、それまでキャノンデールCAAD(キャド)シリーズの独擅場だったパフォーマンスロードバイク市場の流れを一気に変えてしまいました。

2019 トレック・エモンダALR4

2019 TREK EMONDA ALR4 (ブラック)

3シーズン経ってのフルモデルチェンジとなったエモンダALRは、軽量・しなやか・低価格というコンセプトからズレることなく正常進化したモデルです。

2019 エモンダALR4基本スペック

2019 トレック・エモンダALR4

フレームは一新され、特に緩やかに湾曲したトップチューブにボリューム感のあるダウンチューブ、複雑な形状のヘッドチューブなど、走りだけでなく外観までもカーボンフレームのような造形です。

2019 トレック・エモンダALR4

カーボン製?と見間違うような造形のヘッドチューブ

2019 トレック・エモンダALR4

先代エモンダALR用に開発されたアルファアルミニウム300を使用

2019 トレック・エモンダALR4

デュオトラップセンサーに対応

カラーラインナップはトレック定番のバイパーレッドとマット/グロスブラックの2種類がラインナップ。コンポーネントはシマノ・ティアグラの組み合せ、テクトロ製のブレーキキャリパーは先々交換したくなるかもしれませんね。

シマノ・ティアグラにはエモンダALR(2019)に使われているダイレクトマウントが用意されていませんので、上位グレードを装着することになります。

2019 トレック・エモンダALR4

エモンダALR4はメインコンポーネントにシマノ・ティアグラを使用

エモンダALR4 / ALR5 どっちが買い?

エモンダALR4には、コンポーネントをシマノ105にグレードアップしたエモンダALR5もあります。差額は37,000円(税抜)どっちがいいのか?と聞かれると、予算が許せば105付きのALR5のほうが良いと思います。

ただ正直な話、コンポーネントが105でもティアグラでも走りはそう変わりません。実は昨年モデルまではALR5とALR4ではフロントフォークの見えない部分に違いがあり、コンポーネントだけの違いと言い切れない部分もあったのですが今期モデルに関しては同一のものが装着されています。走りで違いをかじる部分としては前述のブレーキでしょうか。

2019 トレック・エモンダALR4

ALR4の前後ブレーキキャリパーはテクトロ製

ALR4のブレーキをシマノ製に換装したとして費用は1万円前後(ショップにより工賃が異なります)です。先々取り替えることを考えると、37,000円の差は27,000円と考えることも出来ます。まあ気になるって方はALR5を選ぶのが良いかもしれません。ただそう考えていくとキリがないのも事実です。

ロードバイクのほかに必要なアイテム

ロードバイクを始めるには車体のほかに、フロアポンプ(空気入れ)にヘルメット・グローブなどのウエア、ドリンクボトル、サイクルコンピューター、車載工具などが必要になります。エモンダALR4の場合はペダルも別売りで購入が必要です。ロードバイクが完全に初めての方は車体価格プラス3万円ほどは必要になるかもしれません。

ALR5を購入すると、車体のほかに購入が必要なアクセサリーまで予算がまわらない場合は、エモンダALR4を購入してアクセサリーも一緒に揃えるほうが個人的には楽しいサイクリングライフを送れると思っています。コンポーネントの違いとサイクリングの楽しさはあまり関係ありません。乗りたい季節に早く始めたほうが絶対楽しいと思います。

細かな疑問や調整に付き合ってくれるお店を選ぼう

ロードバイクは通常の自転車よりも調整がシビアな部分があります。空気圧の調整は乗車前にオーナーが必ず行うものですし、ブレーキや変速機の調整も普通の自転車に比べると頻繁に行う必要があります。またロードバイクに慣れていくにつれサドルやハンドルの高さも変わっていくものです。そういった細かな調整に対して、気持ちよく対応してくれるお店を選びましょう。

最近では購入特典として、無償メンテナンスの期間や範囲をホームページで明記しているショップも多いので、それらのお店を覗いてみて店員さんとのフィーリングが合いそうなお店が良いと思います。前述のように比較的、調整などでお世話になる機会が増えると思いますので自走して行けるくらいの距離がベストですね。