カシオ WSD-F10 スマートアウトドアウォッチ


G-SHOK/プロトレックのカシオが作った「スマートアウトドアウォッチ」

WSD-F10 カシオ 全カラー

「カシオ WSD-F10」は、スマートフォンで取得できる地図情報、気象情報、GPS情報などを時計上に表示させるスマートウォッチです。気象条件やフィールドの状況などで、スマートフォンが取り出しにくい場合でも必要な情報が腕時計上に表示できます。

タッチパネルとボタンの併用で、グローブを着用することも多いアウトドアフィールドでも扱いやすくなっています。

スポンサーリンク

WSD-F10の主な機能

WSD-F10 カシオ 画面表示

方位、高度、気圧、日の出・日の入り時刻※、タイド(潮位)グラフ※、活動グラフ※など。

多くのアウトドアウォッチと同様に、圧力(気圧/高度)センサー、  方位(磁気)センサーをベースとした様々なデータを表示することができます。ユニークなのは、加速度センサー、 ジャイロセンサーを内蔵している点です。

気圧計を利用することで天候の予測ができます。一般的に気圧が上昇すると晴れ、下降すると曇りになる傾向があります。

タイドグラフでは、フィッシングに便利な機能で、スマートフォンとの連携により、各地の港の干潮・満潮の時刻潮位を表示することができます。

活動グラフは、1日のなかで、走る・歩く・自転車など乗り物で移動、静止の4種類の活動の記録を記録します。(消費カロリー、歩数、高度(その日の獲得標高)、運動時間)

本体内蔵のリチウムイオン電池は、約2時間で満充電でき、スマートフォンとの連携を行う通常使用で、1日以上の連続使用が可能です。(マグネット圧着式充電端子使用)

※のついた機能は、Android(4.3以上)のみiOSは不対応。

電波が届かない場所でも地図上で現在地を知ることができる

YMAP カシオ

「ヤマップ」を使うことで、事前に時計に地図データをダウンロードしておくことができます。電波が入らない山奥でも、スマートフォンのGPS機能を利用することで、 地図上での現在位置や 移動の軌跡もわかります。 ルートが複数ある登山道などで役立ちます。

ランニングやトレッキングのルートを記録

トレッキング

多くのユーザが利用するランニングやサイクリング向けのアプリ「ランキーパー」を利用することで、ランニング、 サイクリング、ウォーキング、 ハイキングなどのルートを 追跡・記録することができます。

現在地周辺の降雨情報をリアルタイム表示

Go雨!探知機 画面 2 カシオ WSD-F10には、いくつかのアウトドア系アプリがプリインストールされています「Go雨!探知機」は、現在地周辺のお天気情報をリアルタイムに表示します。

仲間の場所が 地図でわかる!

カシオモーメントリンクアプリ

CASIO MOMENT LINK」を使えば、Google Map上で、メンバーの位置を表示することができます。トレッキング、サイクリングなどで各々のペースが異なる場合でも、時計上で現在位置を知ることができるので便利です。

日常でも使いやすいデザイン

watch_face

液晶画面表示スタイルをカスタマイズすることができるので、アウトドアからライフスタイルまで、気分によって使い分けることができます。

実売価格は随分と落ち着いてきているようですので、アウトドアウォッチを検討されている方、チャンスかもしれませんよ。


アイテム
スポンサーリンク
Communitypark.jpをフォローする
CP|By CommunityPark