パタゴニアダウンセーター|街着からフィールドまで多目的に使えるダウンジャケット


最も使いやすいパタゴニア製ダウンジャケット

パタゴニア公式サイト メンズ・ダウン・セーター クライミング Paintbrush Red

パタゴニアのダウンで最も汎用性が高いのがダウンセーターではないでしょうか。パタゴニアのダウンが初めての方、タウンユースでお考えの方は、ダウンセーターをおすすめします。防風性も備えたDWR(耐久性撥水)加工の施されたポリエステル製シェルに、ダウンのインナーの組み合わせは軽量で非常に保温性に優れており、街着のアウターとして最強の温かさとデザインを備えています。裾部分を調整可能なドローコードは、ハンドウォーマー(ポケット)内側から締めることができます。内側のジッパー付きのチェスとポケットに本体を収納(押し込む)ことで、コンパクトに持ち運ぶこともできます。

▼▽▼パタゴニア公式サイト▼▽▼

パタゴニア

ダウンシャツとの違い

パタゴニア公式サイト メンズ・ダウン・シャツ クライミング Black

ダウンセーターがアウター的な用途がメインになるのに対して、ダウンシャツはインナーダウン的な用途で作られたダウンです。フィルパワー(ダウンのモコモコさの数値、一般的に数値が多いほうがモコモコしている)600のダウンシャツに対しダウンセーターは800と公表されています。重量はダウンセーターの約370グラムに対しダウンシャツは250グラムと異なります。

ナノパフとの違い

パタゴニア公式サイト メンズ・ナノ・パフ・ジャケット クライミング Big Sur Blue

ダウンセーターは名前の通りダウン(羽毛)を使用しているのに対し、ナノパフは化繊を使用しています。ダウンは保温性が高い反面、濡れに弱いのですが、ナノパフは濡れてしまっても保温性を発揮することができます。でも、やっぱりダウンのほうが暖かい気がします。もこもこ度もダウンのほうが上です。タウンユースがメインの方は迷わずダウンセーターを選んでOKです。

他社製品との違い

パタゴニア製品と他社製品との大きな違いは、メーカーとしての考え方にあると私は思います。ダウンセーターの場合は、コスト高になってしまうリサイクル素材を使用することや、トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取を行われたものでない鳥であることを追跡したダウン)を使用していることなど、パタゴニアの環境に対する高い取り組みをWEBサイトで知ることができます。まあ、環境問題とか別に興味ないよって方も少なくないのかもしれませんが、そんな方もパタゴニアというブランドを通じて今の社会が抱える様々な問題を知って欲しいなと思います。また破れてしまった場合に修理を受け付けてくれる点も、パタゴニアらしいサービスだと思いますね。

パタゴニアは2種類の方法で私たちのモノとの関係を変えようとしています。そのひとつは丈夫で高機能の長持ちする製品を、可能なかぎりのリサイクル素材で作る私たちの献身的な取り組みです。もうひとつは修理または再利用して、製品の寿命が尽きたときにリサイクルするという強い姿勢です。

クリーネストラインより引用

サイズ選び

サイズ感ですが私の場合「176センチ72キロでMサイズ着用」です。公式サイトのレビューを見ると「175センチ80キロLサイズ」「171センチ65キロSサイズ」「173センチ65キロSサイズ」「172センチ52キロXSサイズ」の投稿がありました。ちなみにダウンセーターはレギュラーフィットです。

パタゴニア製品は商品によって、サイズ感が異なる場合も多いため直営店での購入をおすすめしますが、もしオンラインでの購入の場合は、パタゴニア公式オンラインショップをおすすめします。購入前にチャットで相談ができたり、サイズ交換が必要になった場合でも、送料はパタゴニアが負担してくれますので安心して購入することができますよ。

また、公式オンラインストア内のウエブアウトレットでは、廃盤カラーのダウンセーターを1万円前後お得に購入することができます。当然在庫限りになりますので、見つけた時が買い時かもしれませんね。

▼▽▼パタゴニア公式サイト▼▽▼

パタゴニア

【紹介アイテム】

パタゴニア公式サイト メンズ・ダウン・セーター クライミング Paintbrush Red

パタゴニア公式サイト メンズ・ダウン・シャツ クライミング Black

パタゴニア公式サイト メンズ・ナノ・パフ・ジャケット クライミング Big Sur Blue


アイテム
スポンサーリンク
Communitypark.jpをフォローする
CP|By CommunityPark