おすすめクロスバイク 5選 【2017年モデル】

      2017/12/01


おすすめクロスバイク 2017モデル

ロードバイクやマウンテンバイクといったスポーツサイクルが人気です。その中でも特に初心者に評判が良いのがクロスバイクです。クロスバイクとは、簡単に言うとロードバイクとマウンテンバイクの良いとこ取りをした自転車です。

クロスバイクは、初心者でも乗りやすいマウンテンバイクのようなハンドル・フレーム形状に、ロードバイクのような舗装路用のタイヤホイールを組み合わせており、ロードバイクの軽快さとマウンテンバイクの安定感・乗りやすさを兼ね備えており、スポーツサイクル入門として非常におすすめです。

様々なメーカーからニューモデルが出揃った時期ですが、当サイトが厳選した「おすすめクロスバイク」を、シンプルに5種類だけ紹介してみようと思います。

TREK(トレック)FX1:コミューター(街乗り)としての快適性がおすすめのクロスバイク。

おすすめクロスバイク トレック 7.1FX ブラック

アメリカのスポーツサイクルブランドであるTREK(トレック)のクロスバイク中、最も廉価なモデルとして今年新登場したのが、FX1(エフエックス・ワン)です。税込49,000円という価格ですが、トレックの特徴の1つであるフレームの生涯補償を始めとするクオリティの高さは変わりません。

FX1は、コンポーネントと呼ばれる変速機などのグレードを抑えることで、低価格を実現させたモデルです。具体的には21段変速(他車は24段や27段を採用することが多い)にすることで、低価格を実現しています。

ここで紹介する3車の中で最も太目のタイヤを装着することで、スポーツサイクルが初めての人でもすぐに乗りこなせる安心感があるでしょう。サイクリングより、日常的なコミューター(移動手段)としておすすめしたいモデルです。

トレックFX1を詳しくみる。

GIANT(ジャイアント)エスケープR1:低価格ながらスポーティな走りがおすすめのクロスバイク。

 

コストパフォーマンスの良さが人気のGIANT ESCAPE R3

海外ブランドのスポーツサイクルで前述のトレックと並んで人気なのが台湾のGIANT(ジャイアント)社です。人気の理由として良く耳にするのは「コストパフォーマンスの高さ」で、今回おすすめのクロスバイク、エスケープR3は初代モデルが発売されてから既に10年が経過するロングセラーモデルです。

今回紹介する5車の中ではタイヤも細くキビキビしたスポーティな走りが期待できます。反面、路面からの衝撃を感じやすいのは、仕方ない部分かもしれません。

価格は税込54,000円で、前述のトレックFX1と近い価格帯ながら、スポーツ性で選ぶならESCAPE(エスケープ)R3がおすすめです。

ジャイアント エスケープR3を詳しくみる。

TREK(トレック)FX3:スポーツサイクルの技術、走る楽しみを味わえるおすすめクロスバイク。

おすすめクロスバイク トレックFX3

今回紹介する5モデルの中で、当サイトが最もおすすめしたいクロスバイクが、トレックのFX3です。初めに紹介したFX1と次に紹介したエスケープR3の中間とも言えるタイヤ幅は、日常性とスポーツ性のバランスの良さが特徴です。

ロードバイクでは常識になりつつある、カーボン素材を使用したフロントフォーク(前輪を支えるフレーム部分)は、軽量なことも特徴ですが、特筆すべきは振動吸収性の良さ。ハンドル&グリップも振動吸収性に優れた「IsoZone(アイソゾーン)」技術を取り入れた専用品を使っています。

比較的高価な79,000円(税込)という価格ですが、サイクリングを楽しむクロスバイクとして選ぶ場合には、必ず満足できると思います。試乗できるお店を探して試して欲しい1台です。

トレック FX3を詳しくみる

Bianchi(ビアンキ)カメレオン2:人気のチェレステカラーがおすすめのクロスバイク。

ビアンキ カメレオン 2

イタリアの老舗ブランド「Bianchi(ビアンキ)」は、なんといってもブランドカラーである伝統的な「チェレステカラー」をまとったクロスバイクをおすすめします。(写真は2016年モデルで、2017年モデルはサドルカラーがブラックです)

アルミ合金製のフレーム・フォークに、シマノコンポーネント、700×28Cのタイヤを装着というオーソドックスなつくりですが、凝ったホイール部のカラーリングや、チェレステカラーのフレーム(他のカラーもあり)は、毎日の移動が楽しくなることでしょう。価格は少し高めの86,400円(税込)です。

ルイガノ ティラール (LOUIS GARNEAU TIREUR):シンプルに乗りこなしたい、おすすめクロスバイク。

ルイガノ おすすめクロスバイク

最後に紹介するのは、人気のルイガノブランドから2016年に新登場した「ティラール」です。アルミ合金製のフレームに、ハイテンスチールのフロントフォーク、そして700×28Cのタイヤというクロスバイクとしては標準的なスペックです。

シンプルなデザインと6種類から選べる豊富なフレームカラーで、街乗りのコミューターバイクとしておすすめのクロスバイクです。

本気で検討している人は、試乗体験がおすすめ。

今回紹介したクロスバイクは、非常に評価が高く、様々なメディアやブログでも紹介されています。試乗体験できる専門店も増えていますので、購入を検討されている方は、ぜひ試して違いを体験して欲しいと思います。

 

今回おすすめしたクロスバイクについて、もっと詳しく知りたい方は、詳しく紹介した記事がございます。下記のリンクよりご覧ください。

トレック7.1FX GIANT ESCAPE R3 (2017) おすすめクロスバイク トレックFX3
トレックFX1 (2017年モデル)コストパフォーマンスに優れたクロスバイク。 GIANT(ジャイアント)エスケープ R3 2017年モデル発表。他メーカーの動向は? トレック2017年モデル クロスバイク「TREK FX3」

Amazon.co.jp

 


 - クロスバイク , , , , ,